06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

気まぐれピエロのしーくれっと・る~む

別名:『気まぐれピエロのごーいんぐまいうぇい』   日記・戯言・写真・特撮・アニメ・ゲーム等、典型的B型人間の管理人が気まぐれごーいんぐまいうぇいに更新するブログでし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

ウルトラマンサーガについて不安だった事

とりあえず、ウルトラマンサーガが公開する前から思ってたのは
出演ウルトラマン
・ウルトラマンゼロ
・ウルトラマンダイナ
・ウルトラマンコスモス
……何でこの三人を選んだし…?
ゼロはまぁ、近年の劇場版限定ウルトラマンだからまだ良いだろう。
問題はダイナとコスモス
どう考えてもコアすぎだろ、と
冷静になって考えてみろ?
我々特撮ファンがその二体を見たら「あぁ、ダイナとコスモスだな」と思う
だが、一般人、子供を連れて行く親御さん達から見たらどうだろうか
「あぁ、カラフルなウルトラマンだな」
こういう印象にならざるを得ないと思う
従来のM78星雲ウルトラマンなら「あぁ、ウルトラマンだ」とか「ウルトラセブンだったっけ?」とかっていう風に思うが、ダイナとコスモスじゃ、どう考えても知名度が低すぎだろ、と
結局は中の人が有名だから、っていう理由でその二体を選んだってわけですか。。。

そして、ゼロに変身するタイガノゾム役のDAIGO
どう考えてもミスキャストです。。。。。。。。
CMでDAIGOの目も当てられない演技を見る限り、ギャグにしか見えない。。。。
アイドルオタを呼ぶために起用したAKBの方がまだまともな演技しとるわ、って感じ

とまぁ、こーゆー不安を抱きながら、今回ばかりは全く期待できない状態で映画見てきましたよ、と
ちなみに上映時間の関係上、仕方なく¥400余分に払って3D上映を見てきたんだけど

・・・

全然3Dじゃないし・・・
せいぜい瓦礫が飛んでくるシーンくらいしか3Dに見えないじゃん・・・
ただ、目がチカチカしてるだけ
あまりにも目が疲れたもんだから、仕舞いには3D眼鏡の下に掛けてた眼鏡外して片目で見てたよ・・・(3Dの意味がねぇ)


内容として、折角の平成ウルトラマンなのに例の如く何故かフォームチェンジしなかったり、
コスモスが安定のダサい戦い方だったり、、、
何かゴメスよりもアーストロンの方がゴジラに見えたり。。。

以下、ややネタバレ感想
とりあえず、この映画を一言で現すなら
アイドル映画・ウルトラマンDAIGO
って感じ

どー考えてもAKBで集客しようとしてるとしか考えられん。。。。

更に言うと、上記した不安要素DAIGO
あの演技のおかげでギャグシーンは素晴らしかった
が、シリアスシーンでもあの演技なもんだから、感動のシーンが台無し

タイガと一体化したゼロ
ゼロ「お前と俺は一心同体だ!」
タイガ「出てけ!」
ゼロ「そうだろうそうだろう……って、えぇ!?瀕死のお前と俺が一体化することでお前の命が助かったんだぞ!?」
タイガ「うん、ありがとう。でも出てけ」

グビラ登場
ゼロ「さぁ、タイガ変身だ!」
 ウルトラゼロアイが飛び出す
タイガ「嫌だ!ほいっ」
 ゼロアイを押し戻す
ゼロ「えぇぇええええぇぇぇえええ!?うそーん!?」

何、このウルトラ史上初のヘタレ主人公wwwwwww
タイガの隙をついて漸く変身したと思ったら、ULTRAMANジュネッスの如く中途半端サイズになっちゃったりwww(子供達にチビトラマンとモップで突かれ馬鹿にされる始末)
あの我侭ゼロが滅茶苦茶振り回されてますwww


この作品をアイドル映画たらしめてるAKB・チームU
最後の、サーガに指示を出してハイパーゼットンを地雷原までおびき出すのは良かったよ
ウルトラマンと防衛軍の共同戦線って感じでさw
「足元には気をつけな~!」
残念ながら彼女達の人数が多すぎて顔と名前が全く一致しないのが難点だったが(ぉ

「私も結婚相手探した~い!」って言ってたお嬢さん
同時にいたいけな少年を抱きしめていたが、
はっ!逆光源氏計画なのだな!?

倒れたリーダーを助けるのに心臓マッサージだけじゃなく、AEDとかも使えYO!っていうか気道確保してるか!?とかはさておいて
他にも色々ツッコミとか何やらは多かったけど、置いとくとして

このウルトラマンサーガの見所の一つである
ウルトラマンダイナの続編である、ということ
そもそも、ダイナはリアルタイムでは1,2話くらいしか見たこと無かったんだけど、ウルトラマン列伝で最終三部作は視聴

なかなかダイナ優遇されとります
一足先に別次元の地球にやってきて戦っていた伝説の戦士
突如いなくなったかと思ったらゼットンの孵化を抑えるために挑み、石化してしまっていた
そして復活し、ゼロの危機を救う!
何だろ、この平成三部作の中で一番地味だと思われるダイナのココ近年のプッシュ感は…

それと、最後のアスカとスーパーGUTSの再会シーンには期待してたんだけど
ぶっちゃけ、
アスカ、皆の所に帰れよ・・・?帰る気無いだろ、アスカェ…

むしろカオスヘッダーがムサシ達と仲良く暮らしてたのに感動したわっ。。。

最後に、
登場ウルトラマンもマニアックながら登場怪獣も
アーストロン、グビラ、ゴメス、触覚宇宙人(ぇ
と、ゼットン以外滅茶苦茶マニアックなような気がするぉ・・・
そして、そろそろいい加減に東光太郎の登場を見たいです。。。
関連記事
スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 1
go page top

コメント

ダイナとコスモスだったのはダイナが15周年。コスモスが10周年記念ですね。

ダサい言わないで上げてくださいwあれが彼の戦い方です。
ファンとしてはあっちのほうがかっこいいです。

この作品は結構AKBのくせに演技うまかったとは思いました。
まぁ、最初の評価が最悪だったのもありますがw

少なくとも秋元さんはうまかったと思いますよ。
メイキング見ても転がるシーンとか頑張ってましたし

そもそもアイドル映画にしないよう、スタッフが全力でそこは意識して作っていたらしいですからね。

ダイナが帰らなかったのはつるのさんの意見ですね。
最初スタッフは帰らせる気だったんですけど、つるのさんが待ったをかけた感じです。
まぁ、S-GUTSのメンバーがアスカに追いつかなきゃ最終回の意味がないですからね。

URL | #GJzF38Bw
2013/04/09 02:07 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://godzillamania.blog.fc2.com/tb.php/30-79194e77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

最新記事

ブログランキング

訪問者数

カテゴリ

タグ別カテゴリ

最新コメント

遂に来た!!

最新トラックバック

QRコード

ブロとも申請フォーム

プレイPCゲームリスト

応援中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。