FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

気まぐれピエロのしーくれっと・る~む

別名:『気まぐれピエロのごーいんぐまいうぇい』   日記・戯言・写真・特撮・アニメ・ゲーム等、典型的B型人間の管理人が気まぐれごーいんぐまいうぇいに更新するブログでし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

ノーゲーム・ノーライフ6 ゲーマー夫婦は管理人を号泣させたそうです

さて、全巻買い集め電車の中でちまちま読み進めていた
ノーゲーム・ノーライフ
漸く6巻まで読み終わりましたよ、と
ノーゲームノーライフ6巻
アニメ版は原作3巻まで
4巻からはそのまま何の前知識もなく読めて楽しめましたw
巫女さんがアニメ版より若干幼い印象
ちゃんと全種出すのか気になってた十六種族も全種類名前は出てきたしネ

作者の榎宮祐先生は作画デビュー作のイレギュラーズパラダイスを当初から購入して読んでたけど、
あの不可思議な色遣いが特色なんだよねw
VS海棲種、天翼種、吸血種を経て
5巻ラストで空自身も気づいていない白への気持ちを知り、頬を赤らめるなど今までにないほど強烈な可愛らしさを見せた白
これまでも、「白が、18歳になるまで・・・」とか若干病みそうな感じの兄への愛も見せたけど、これで白の完全勝利!
今後の空との関係性に期待!
な中でのまさかの空童貞受胎、海棲種の娘誕生に今後の展開にwktkが止まらない!

娘を溺愛する空に、白の嫉妬が爆発するのか!?
頑張れステフ!
そして新たなる空信者ドMライラや、男の娘プラムの活躍は!?

とか色々妄想していたら
6巻は、え?過去編?
そんなのより続きを早く見せろや!
とか思ってたら
。・゚・(ノД`)・゚・。シュヴィぃいいい!!!!!
号泣
いや、マジで読んでて思わず電車の中で泣きそうになった。。。
心を持たぬはずの機械が心<エラー>を持つ
っていうのはよくある話だけど、シュヴィはそんなありきたりなものじゃなくて…
とにかく、とにかく、
・゚・(つДT)・゚・
シュヴィがぁ!オレの嫁…じゃなくて、リクの嫁・シュヴィがぁあああ!!!

ジブリール、有罪<ギルティ>!!
今までもデタラメ種族、最強最凶の味方であり空白の忠実なるドM下僕としてギャグ描写されかなり好感度が高く、
5巻では自分より上位の種族にも果敢に挑みに行く、不可能を可能にすることを体現するというヒロイン性をあらわにし、一気に評価がうなぎのぼりだったジブリール
それが6巻では一変、最悪災厄の敵として登場
ジブリール対多数での圧倒的力の描写ならともかく、自分より明らかな弱者に対する絶望的なまでの暴虐
そして何より、オレの嫁…じゃなくてリクの嫁・シュヴィの命を奪い、二人を引き離した罪
万死に値する!!
いくら天撃後のロリ姿を披露したとしても許すまじ!!
前回まで上げまくった評価が全て帳消しになるほどの罪ですぞ、これぇ…
確かにジブリールがシュヴィを襲い、その結果他の機凱種にシュヴィの遺志を継ぎ、本来失敗するはずだったゲームを成功させるに至ったわけだが、それでも納得できないものはあるわけで
嫌いにならないであげてって言われてもぉ…
今までの実績があるから嫌いにはならないケド、大好きにはなれなくなっちゃったなぁ…

リクへの希望をつなげるための最後の方法
心<エラー>を同期させる
リクへの感情はは自分だけのものだし、何よりそれを同期させるのは恥ずかしい
シュヴィが恥じらいを持っていたところに萌え悶えると同時、絶望の中の最後の方法、遺志を継ぐことということでもう、号泣
(T□T)

そして、本来心を持たない機凱種がシュヴィのおかげで心を持ち、その遺志を継ぎ、心をくれた人類種・リクの元、
心を持たない道具として振舞い散っていく…
何処まで泣かせるんや・・・

ところで、現在の機凱種は人類種のこと、どうみなしているのかなぁ
結構友好な関係を築けていたはずなのではないかと思うのだが。。。
コロンがステフの先祖だったってのは驚いたけど納得


次こそ二度と離れない、とか
二人で一人だったら、とか
シュヴィと二人で絶対に勝ってみせる、とか

ああ、二人は生まれ変わって再び巡り会えたんだね…と
この世界に輪廻転生はない」
だからこそ、
空白は生まれる世界を間違えてしまった

だからこそ、テトによりこの世界に召喚された、と
そういうことなんかね

とにかく、ラノベで久々にハマってしまったノゲー
榎宮祐先生には身体を壊さない程度っていうか、ホントに死なない程度に頑張って続きを書いて描いてもらわねば!!!
でもって上田志岐のイレパラ見たく打ち切り感満載で適当に終わらせぬように!
まぁ、同じ作者の「ぐるぐる渦巻の名探偵」は終わらせずに終わってたからそれよりはマシなのだが。。。
関連記事
スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://godzillamania.blog.fc2.com/tb.php/533-07c69a26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

最新記事

ブログランキング

訪問者数

カテゴリ

タグ別カテゴリ

最新コメント

遂に来た!!

最新トラックバック

QRコード

ブロとも申請フォーム

プレイPCゲームリスト

応援中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。