05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

気まぐれピエロのしーくれっと・る~む

別名:『気まぐれピエロのごーいんぐまいうぇい』   日記・戯言・写真・特撮・アニメ・ゲーム等、典型的B型人間の管理人が気まぐれごーいんぐまいうぇいに更新するブログでし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

555

今回で555回目の更新
555といえばやはり
仮面ライダー555
Open your eyes for the next Φ's!
ってな感じで仮面ライダー555の話をしないわけにはいくまい、と

人非ざる存在となってしまった者の苦悩
そして仮面ライダーとは元来、悪の組織が作り出した存在
という、ライダーの原点を描いたこの作品
クウガを見ていたものの、次回作のアギトを見ておらず、アギト人気を知り龍騎を見ても速攻で切ったあの頃
555を見て再びこの世界へ戻ってきたワタクシ
録画予約をしていたものの、ビデオデッキにテープを入れ忘れ第一話を見そびれたのは今でも苦い思い出…

善悪入り乱れ、ライダー=正義、怪人=悪という根本を翻した作品
毎週息もつかせぬ予想のできない展開
この愛憎渦巻く複雑な人間関係、ベルトを巡る物語を描いた井上脚本に
当時衝撃を受け、特撮作品の可能性、奥深さを再認識しましたw

設定も人間側、オルフェノク側それぞれメイン三対三の人物が織りなす物語(まぁ、徐々に登場キャラが増えるわけだが)
お互いの正体を知らず、友情を感じ、そして憎しみ合い戦いあう巧と勇治
いつお互いの正体を知るのかとワクワクさせられました

そして魅力あふれる登場人物たち
まさか、初登場時、誰が主人公だと思ったであろう、乾巧(前述のとおり第一話を見そびれたので、その驚きを味わえなかったんだが。。。)
ドライでぶっきらぼうだが、心の底には熱いものを持っている心優しき青年
その正体は、幼き頃命を落とし覚醒していたウルフオルフェノク
夢を持たない巧が他者の夢を守り続けた結果、最後にささやかな夢を持つっていうのは良かったネw
なお、
鍋焼きうどんは猫舌の天敵なんだよ!!
超親近感w

主人公かと思っていたらまさかのダークサイド側の主人公ホースオルフェノク木場勇治
人の心を持ち続け、人を守るため同族のオルフェノクと戦う心優しき青年
彼こそまさに仮面ライダーに相応しい
が、物語終盤での堕ちっぷりには、ぶっちゃけドン引きでしたわwww
劇場版共々ダークサイドに墜ち、悲劇の結末を迎える哀しき主人公

ヒロイン園田真理
夢の無い巧に、夢というものが一体何なのか、それが何を意味するのか教えた丸顔のおねーさん(ぇ

菊池啓太郎
たたたたったくん、オ、オ、オルフェノクが!!
でお馴染み(ぇ、
居候が何人増えようと平気で受け入れる、良い意味でお人好し、悪い意味ではた迷惑なただのバカ
彼の存在は皆の安らぎであり、平穏な日常の象徴であった

長田結花
親戚の家で過ごすも悲惨な扱いをされ、終いには命を落としオルフェノクとして覚醒
その力で従妹の命を救うも、恩を仇で返され居場所を失ったところを勇治に拾われた少女
序盤で何故か海堂に惚れるが、心の拠り所であったメル友の啓太郎と後に晴れて両想いになる
しかし、幸せな時間は長く続かず、二人を襲う悲劇
哀しき折れた翼

お調子者・海堂直也
悪ぶっていたり、真理をストーキングしたり、ハチャメチャな奴だけど、その実、根はまっすぐで憎めない奴
何だかんだで人を殺したことの無いオルフェノク
第八話「夢の守り人」は間違いなく名作、何度も見返してしまった話
「夢ってのは呪いと一緒なんだよ…」
は555の数ある名言の一つですなw

忘れてはいけないのは井上三大キャラクターの一人
草加雅人
装着者は灰になって死ぬはずのカイザドライバーを使いこなす、一見完璧超人
だがその本性は二面性のあるTHE外道
邪悪なデススマイルがよく似合いますwww
ウェットティッシュで常に手を拭く潔癖症
それは幼い頃、母を失っているからであり、
「真理は俺の母親になってくれるかもしれない女なんだ!」
幼馴染の真理に対して歪んだ愛情を抱く
折角正体バレして和解するかと思った巧と勇治を妨害したり
ただの嫌がらせならイヤだが
「俺を好きにならない奴はいらないんだよ」
「困るんだよ、君にこれ以上強くなられると」
と行動理由に説明が付いているため嫌いになれないキャラ
その最期はもはや伝説とまで化している、
自分の分身というべきカイザに殺されるという、今までの行いの報いを受けるかのような壮絶な散花
雅人、散花
「全て乾巧って奴の仕業なんだ」
ホント、名言多いな、草加www

魅力ある敵たち
村上社長が素敵www
その確たる圧倒的な実力
社長としての威厳ある立ち振る舞い(後に蹴落とされるケド)
最後の最後まで王に尽くすその態度
素晴らしい中ボスでした
まさに上の上ですねw

ラッキークローバー
琢磨君登場時、こいつ、出来る!と思ったら、まさかのヘタレキャラだったりwww
強敵J、チャコは幸せに暮らしているよ。。。

その他多数のキャラクター

そして特筆するデザイン軍
ファイズの全身を走る光
闇の似合うライダー
ファイズ<救世主>は闇を切り裂き、この世に光をもたらす!

これほど暗闇でのバトルが似合うライダーもあるまいw
ちなみに初見ではファイズが何故かコウロギに見えたwww
個人的にはオーガのいかにも帝王って感じのデザインが威厳があって好きw
仮面ライダーオーガ

ライダー強化形態の中でトップクラスのアクセルフォームのカッコよさよw
555アクセル
わずか10秒しか変身できないが、その無双
音速クリムゾンスマッシュがカッコよすぎるwww

相方オートバジン
初見、何となくソルドーザーを思い出したww
ありそうでなかった変形する相棒バイク
オートバジン
味方もろとも攻撃してたっくんからぞんざいに扱われるお茶目なロボットw
細身のオフロードバイクからロボットに変形するというスマートな変形設計に心底惚れたwww

ライダーシリーズの中で最も特徴のある怪人デザイン・オルフェノク
他の一切の色を排し、白と黒だけで表現されたオルフェノクは逆に美を追求し、芸術的であり、
禍々しさと共に神々しさのあるデザインかとw
オルフェノクのデザインはどれも素晴らしいwww

戦闘スタイル
巧ファイズの変身後の右手を振る仕草(草加のネクタイ締める動作といい、北崎さんの両手合わせといい、変身者をわかりやすくするためかな)
気だるそうなヤンキーバトル
よくあるただ突っ込んで殴り合うとか切りかかるとかは見てて美しくなく、つまらないけど
ファイズのようなクールでシンプルなバトルは美しいww
初期のクリムゾンスマッシュを放つときのヤンキー座りとかも、らしいw
なお木場ファイズのスマートな戦いも素敵
横蹴りでポインターを飛ばしてからのクリムゾンスマッシュとかw


そして物語の終わり
残り少ないであろう巧の命
夢の無かった巧が最後に見つけた夢
世界中の洗濯物を真っ白に出来ますように、と
それは初期の頃から語られていた、皆の居場所である啓太郎の夢
数多くいる登場人物で唯一の一般人である、人としての象徴の啓太郎の夢を継ぐことで、
残りわずかの生を人として歩んでいくという、巧の心情があらわされていて良かったよw

ちなみに井上小説版、異形の花々の後味の悪さといったら。。。
あとパラダイスロストノベライズ版、作者桜庭一樹
キャラ設定変更とか多少は目を瞑るけど、せめてちょっとくらい設定や本編見てから書けや…

とまぁ、仮面ライダー555の魅力についてざっと簡単に書き綴ってみましたが
当時、マジで毎週毎週待ちきれないほど楽しみに見ていた
私を再びこちら側の世界に引き戻した作品でしたw
平成ライダー最高峰の傑作であり、見たことの無い人にはマジでオススメの作品w
ベルト、オートバジンの玩具欲しかったなぁ・・・
関連記事
スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://godzillamania.blog.fc2.com/tb.php/555-f47e98f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

最新記事

ブログランキング

訪問者数

カテゴリ

タグ別カテゴリ

最新コメント

遂に来た!!

最新トラックバック

QRコード

ブロとも申請フォーム

プレイPCゲームリスト

応援中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。